どうしても気に入って付き合いたいと思った女性がデリヘル嬢をしていた場合の口説き落とす傾向と対策。

デリヘル嬢を口説き落とす傾向と対策

デリヘルで働く女の子の特徴

デリヘル嬢を口説き落とせないと悩む方へ

投稿日:2017年3月25日 更新日:

デリヘル嬢を口説き落とせないと悩む方へデリヘル遊びをした男性のほとんどは、軽く一言でも『本番は駄目?』と聞くものですが、この時の男性客が考えているのはなんとか本番をしたいという都合ばかりで、デリヘル嬢の心境まで考えて口説いている人はほぼ居ません。

単純に貞操観念が低いのか高いのかという問題ではなく、デリヘル嬢の考えている事が理解しているかどうかが一番のポイントだったりするんです。

デリヘル嬢に本番を求める男性客に多い方法

デリヘル嬢に本番を求める男性客に多い方法デリヘル嬢からすれば1日に出逢った男性客の数だけ本番交渉されているみたいなもんです(笑

本番交渉を言ってくる男性の言葉も大概が同じ様なパターンがあるだけに、デリヘル嬢からすれば『またか』という具合に、会話の先読みが出来てしまうので男性客も太刀打ちできないという事になります。

言葉巧みに本番交渉をするお客

言葉巧みに本番交渉をするお客『一緒に気持ちよくなろうよ』と話を持ちかけるのは、思い込みの強い男性客と言えます。

男性からすれば挿入が一番気持ちよくなる目的となりますが、若い女性ほど挿入でイク事はほとんどなく、オナニーでクリトリスをイジる方が断然気持ちよいと考える女性が多いだけに、挿入すれば女性も気持ちよいというのも全員同じという訳ではないんです。

女性が挿入を求めるのは大好きな男性との挿入など、イメージや雰囲気重視というのが女性の官能に結びつくというのが的確かもしれません。

仮に貞操観念が低い女性で本番くらい構わないと考える女性であっても、1日に何人もの男性と本番をしてたら身体が持たないと考えたり、初対面の男性と本番したら次回は別のデリヘル嬢に『○○ちゃんは本番できるよ』と、喋られるとかなりお店で働き辛くなってしまう事もあるだけに、初対面の男性に関しては本番は断っておくのがベストと考えるものかもしれないですね。

別途のお小遣いで本番交渉をするお客

別途のお小遣いで本番交渉をするお客『内緒で本番させてよ、お小遣いだすからさ』と、オプション料金みたいな扱いで個人的な話として交渉する男性は多いですね。

そして男性客が出しても良いというお小遣いの相場はせいぜい5000円となるだけに、デリヘル嬢から言われる言葉は『お金の問題じゃないの』『本番が良いならソープランドで働いているわ』と体裁よく断られるか、『2万円ならいいよ』など男性客の想定以上の金額を言われると『足元見やがった』と険悪なムードにもなるというのがお小遣いのパターンではないでしょうか。

仮に『貴方だけよ』とお小遣い交渉で上手く行く場合は、他の男性客全員とヤッテいると思って間違いないですね。

お店が終ったら今夜飲みにいかないか

お店が終ったら今夜飲みにいかないかデリヘルは接客時間で料金設定となるために、店外で個人的に出会えれば時間も気にせず確実に本番できると考えているのはデリヘル嬢からすればミエミエです。

風俗嬢と知られているだけに飲みにOKと言えば、気軽に本番くらいさせてくれるという前提で男性も考えているだけに、ちょっと豪華に飲食代でかかってもデリヘルの料金と比べたら格安と安易な計算がバレているという事ですね。

デリヘル嬢の連絡先を聞く男性

デリヘル嬢の連絡先を聞く男性お気に入りの女性がデリヘル嬢にいるとなれば、メールアドレスでも構わないから何かしらの直接的な連絡先を知りたいと考える男性は、ある意味で普通ですし、ある意味で非常識とも言えるのです。

その女性と一般的な出会い方ならば気軽に教えてくれますが、デリヘルという風俗でバイトをしているのが出会ったキッカケとなれば話は全く別となるのです。

基本的にデリヘル嬢というのは絶対知られたくないと考えているだけに、デリヘルでお客様として知り合った男性に個人情報である電話番号やメールアドレスを迂闊に教えたくは無いと考えるからこそ、嫌がるという訳ですね。

逆にデリヘル嬢から連絡先の交換を言われたら、ちょっと面倒かもしれません。

個人的電話番号ではなく、キャバクラの営業電話と同様に仕事用の携帯電話を所持していて、連絡を取り合う事ができれば都合の良いリピーターとしてのお客様となるからです、さらに個人的には仕事が忙しいなどの理由で逢えないと言って来るのに、『おはよー』とか、中身の無い会話は頻繁に送ってくる女性ほど、手ごわいツワモノだったりするんです。

女性からお客様として来てくれといえば、男性も本番させろと言って来る確立が高いだけに、適度な連絡をしてればデリヘル遊びの際には、指名してくれると考えて、そういう男性を多数いれば面倒な要望を受け入れる事なく収益に結びつくと考えている場合もあると思うべきかもしれませんね。

男性客の要望とデリヘル嬢の都合

男性客の要望とデリヘル嬢の都合正義は立ち位置によって変わります、要するに自分の都合とデリヘル嬢の都合に誤差があれば何事も達成できないし、相手の状況を理解していれば交差する部分もあるというのが理解できるという事になります。

それだけにデリヘル嬢を口説きたいとか本番したいなどの考えがあるのなら、デリヘル嬢の都合を知るのが一番ですが、率直に聞いて答えてくれるとは到底思いませんよね。

ナンパの経験があり、成功率が高くても、一般女性として知り合うのとデリヘル嬢として知り合うのでは大きな差があるという事なんです。

それだけにデリヘル嬢の気持ちを知るならば、デリヘル嬢が困った時や考え方が判るのに最適なのが、成田デリヘルの風俗求人相談所というサイトを見ておくと良いかもしれません。

稼げないと悩むデリヘル嬢がどうすれば稼げる様になるかと悩めば、その女性にあった稼げる為の攻略法として様々な記事があります、これを知ればどんな手口なのか判るだけに今後のデリヘル遊びには大きく参考になるのではないでしょうか。

手馴れたデリヘル嬢と連絡先を交換しても意味がない

手馴れたデリヘル嬢と連絡先を交換しても意味がない最近は激安携帯というのもあり、手馴れたデリヘル嬢だと個人用のスマホと風俗での営業用として二台目のスマホを持っている女性がいるのです。

デリヘル嬢が連絡先としてラインやメルアドなどを教えても風俗の営業用としているスマホの番号を教えている可能性も十分あるのだと認識しておいた方が良いかもしれません。

営業用のスマホは1ヵ月の維持費としても数千円程度、お客様に連絡先を教えた事により本指名として次回また来客してくれればスマホの維持費なんて安いものですよね。

1ヵ月に数名でも連絡先の交換をしてしまい、ラインやメールなどで定期的な連絡を取りつつも『風俗に遊びに来て』なんてお誘いはまずしません、基本的に『お疲れ様、今日も仕事がんばってね』とか、どうでも良い雑談に徹している事で、会話を繋いでおけば風俗遊びをしたくなったら『あの女性に逢いに行くか』とか『直接話して親密になろう』なんてタイミングでお客様として来てくれたらそれだけデリヘル嬢の安定的な収益になるのです。

『タヌキとキツネの化かし合い』とも言える内容ですが、営業用のスマホを使っているデリヘル嬢は確実に売上が伸びる傾向にあるのは間違いないですね。

-デリヘルで働く女の子の特徴

Copyright© デリヘル嬢を口説き落とす傾向と対策 , 2017 AllRights Reserved.